So-net無料ブログ作成
検索選択

ハリーポッター4作目 公開!! [NYの出来事・発見]

2005年11月17日  NYにも冬到来?寒い・・・・
[残りあと14]

 

とうとう残り滞在期間、2週間。。寂しいと思う心に追い打ちをかけるように

寒気が入ってきたニューヨーク。NY1のニュースでは

November has arrived! 

と言っていた。いよいよ冬に・・・突入か。。

一日明けた18日の朝、大学の水たまりが凍っていた。

今秋初の氷点下じゃないんだろうか???

 

そんな11月も終わりにさしかかる今週

Times Squareの一角に出現した広告!

   

ハリーポッターの第4作目「Goblet of Fire」

がいよいよ公開になった。

日本公開より若干早い封切りか??

 

18日の地元フリーペーパーの Metro、a.m New York紙のいずれにも

この新作の評価が掲載されていた。

    

封切り前、確か、

この映画は、一つの賭け

みたいな前評判がなされていたが、ふたを開けてみると

かなりの良作品だったことが伺える。

”Potter, better than ever"

なる見出しが躍っている。「前3作に比べて最も暗い」

とも書かれていた。

3人のActor達が成長しすぎ 的なコメントも。

良く読むと、彼ら16歳とか17歳だとか。。

1作目11歳からスタートしてるそうで。。

もうすっかり大人の顔してるよなぁ・・・確かに。

 

それにしても相変わらずの人気ぶりがうかがえる。

 

一度はこちらでの安い映画を見てみても良かったかもしれないなぁ

 

ちょっと今になって後悔か。。残りの日々、さすがに

映画を見に行っている時間はなさそうだし、まだまだ

Potterは混みそうだ

 

最近の日本のシネマコンプレックス

差別化をはかるべく、Premierシートを用意したり、また

インターネットでの予約可など、いかにも日本らしい

進展を見せている。NYには、見渡す限り、そんな

至れり尽くせりな映画館はない気がする。

 

研究の一貫の中で、高速通信網を使って、自宅での

「映画の視聴、ダウンロード」

などという話をしてきた。これは、映画をみる側や、

技術に携わる側の興味、夢ではあるものの、この映画

という世界が持っている「ドル箱のビジネス基盤」がある限り

簡単には入り込めない、そんな感じがする。

そういう、「これまでのスタイルの映画」で、生きてきた人達も

喜べるようなソリューションがないと、なかなか・・・

実はアメリカって、

既得権益をがっちりつかんで離さない超コンサバな国。

日本人以上のコンサバぶりだと思うなぁ・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。